sponsored link

便秘解消サプリを比較

コロコロうんちとストレスの関係

排便がスムーズにいくには、腸の蠕動運動によって便が
押し出されてくるからてです。この蠕動運動の働きを良くして
いるのが副交感神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経が緊張すると、心臓がどきどきしたり血圧収縮して血圧が
上がったりしますが、腸の蠕動運動は働きが抑制されます。
ストレスがかかったりすると交感神経が働きます。

副交感神経は、リラックスの時や寝ているときに働きます。
血管が拡張したり心臓は脈が緩やかになったりします。
腸では蠕動運動が促進されて分泌も促進されます。

ですから便秘解消のためには副交感神経を優位にした方がいいですね。

最近増えている。過敏性腸症候群ですがストレスのために
けいれん性便秘になりコロコロうんちになったり、下痢になったり
します。

仕事などで、ストレスがかかりなかなかなその状況から抜けだせない
時は、睡眠を十分とり、お腹を温めましょう。温めると蠕動運動がゆったり
して収縮した過剰反応を防ぐことができます。

コロコロうんちでもストレスなどはなくて、ある時期コロコロ状態になって
いる場合もあります。その場合は弛緩性便秘などで腸の蠕動運動が
弱く、腸に長く便があることで水分がとられてコロコロうんちになって
いると思います。

同じコロコロでもけいれん性便秘と弛緩性便秘の場合があります。
ストレスが続いてコロコロ便秘や下痢を繰り返すときは、医院で
見てもらいましょう。

 
同じコロコロうんち状態でも
見極めは難しいね。
けいれん性便秘だとお腹を温めたり、消化の良いものを食べたりしよう。食物繊維でも水溶性の方をとって不溶性は控えた方がいいよ


sponsored link


便秘体質を治したい方はこちらも参考になります

便秘体質改善マニュアル「下腹スッキリ7daysプログラム」

手術しない!千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッド