sponsored link

便秘解消サプリを比較

腸内細菌が異常になると便秘になる

便秘になったうんちの腸内細菌を調べた所、ラクトバチルス菌(乳酸菌の1種)
が健康に人に比べて少ないことがわかりました。

また、ビフィズズ菌も少なく、逆に大腸菌やストレプトコッカスがやや増加
していることがわかりました。

いわゆる善玉菌が減って悪玉菌が増えて、腸内細菌のバランスが
くずれ、便秘になったのです。

腸内細菌の総量はほぼ決まっていて善玉菌が増えれば、悪玉菌が
減ります。 腸の中では善玉菌と悪玉菌が勢力争いをして、便秘や下痢になっています。
おなかの悩みは悪玉菌が腸内で優位になり有害物質を作ることが原因となって
います。おなかの悩みを解決するには、善玉菌のを増やしましょう。
それにより悪玉菌の比率が減り、腸の環境をよくします。

乳酸桿菌と呼ばれるLactobacillus属の細菌など乳酸や酪酸など有機酸を作る
ものが多く、悪玉菌にはウェルシュ菌に代表されるClostridium属や大腸菌など、
悪臭のもととなるいわゆる腐敗物質を産生するものを指すことが多いです。

ヨーグルトには乳酸菌が入っているので毎日とりたい食品です。
ビフィズズ菌入りヨーグルトもあります。
また善玉菌そのものをとるばかりでなくて、腸内にいるビフィズス菌
を増やすためにオリゴ糖もいいです。オリゴ糖はビフィズズ菌のエサに
なりビフィズズ菌が増えます。

sponsored link


便秘体質を治したい方はこちらも参考になります

便秘体質改善マニュアル「下腹スッキリ7daysプログラム」

手術しない!千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッド